エゴイプセビライズの成分を1つ1つ解説

エゴイプセビライズの安全面が気になっているあなたのために全成分一覧と成分を1つ1つ簡単に解説していきます。

結論からお伝えすると大きな副作用が心配な成分はありませんが、肌が敏感な方は刺激に感じるケースもゼロではありません。

エゴイプセビライズに苦手な成分が入っていないか確認したい場合の参考になればと思います。

  1. エゴイプセビライズの全成分一覧と成分を1つ1つ解説
    1. BG
    2. ペンチレングリコール
    3. PEG/PPG/ポリブチレングリコール―8/5/3グリセリン
    4. ヒトオリゴペプチド―1
    5. ヒトオリゴペプチド―5
    6. ヒト脂肪細胞順化培養液エキス
    7. カルボキシメチルフェニルアミノカルボキシプロピルホスホン酸メチル
    8. プラセンタエキス
    9. トコフェリルリン酸Na
    10. グリチルリチン酸2K
    11. アラントイン
    12. オタネニンジン根エキス
    13. ソメイヨシノ葉エキス
    14. ヘキシル3―グリセリルアスコルビン酸
    15. アルブチン
    16. クチナシ果実エキス
    17. ローマカミツレ花エキス
    18. チョウマメ花エキス
    19. ヤグルマギク花エキス
    20. セラミドEOP
    21. セラミドNP
    22. セラミドAP
    23. フィトスフィンゴシン
    24. ヒアルロン酸Na
    25. PCA
    26. PCA―Na
    27. アラニン
    28. アルギニン
    29. アスパラギン酸
    30. イソロイシン
    31. グリシン
    32. セリン
    33. トレオニン
    34. バリン
    35. ヒスチジン
    36. フェニルアラニン
    37. プロリン
    38. 乳酸
    39. 乳酸Na
    40. リンゴ酸
    41. グリセリン
    42. (エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル―10
    43. オリーブ果実油
    44. コレステロール
    45. (クエン酸/乳酸/リノール酸/オレイン酸)グリセリル
    46. 1,2-ヘキサンジオール
    47. カプリリルグリコール
    48. ポリソルベート60
    49. PPG-13デシルテトラデセス―24
    50. ラウロイルラクチレートNa
    51. キサンタンガム
    52. カルボマー
    53. トロポロン
    54. フェノキシエタノール
  2. まとめ

エゴイプセビライズの全成分一覧と成分を1つ1つ解説

こちらがエゴイプセビライズの全成分です。

水、BG、ペンチレングリコール、PEG/PPG/ポリブチレングリコール―8/5/3グリセリン、ヒトオリゴペプチド―1、ヒトオリゴペプチド―5、ヒト脂肪細胞順化培養液エキス、カルボキシメチルフェニルアミノカルボキシプロピルホスホン酸メチル、プラセンタエキス、トコフェリルリン酸Na、グリチルリチン酸2K、アラントイン、オタネニンジン根エキス、ソメイヨシノ葉エキス、ヘキシル3―グリセリルアスコルビン酸、アルブチン、クチナシ果実エキス、ローマカミツレ花エキス、チョウマメ花エキス、ヤグルマギク花エキス、セラミドEOP、セラミドNP、セラミドAP、フィトスフィンゴシン、ヒアルロン酸Na、PCA、PCA―Na、アラニン、アルギニン、アスパラギン酸、イソロイシン、グリシン、セリン、トレオニン、バリン、ヒスチジン、フェニルアラニン、プロリン、乳酸、乳酸Na、リンゴ酸、グリセリン、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル―10、オリーブ果実油、コレステロール、(クエン酸/乳酸/リノール酸/オレイン酸)グリセリル、1,2-ヘキサンジオール、カプリリルグリコール、ポリソルベート60、PPG-13デシルテトラデセス―24、ラウロイルラクチレートNa、キサンタンガム、カルボマー、トロポロン、フェノキシエタノール

それぞれ成分を1つずつ簡単に解説していきます。

安全面が心配な場合は都度ふれていきます。

化粧品のベースになる素材。水に他の成分を混ぜ込んで化粧品になる。

BG

代表的な保湿剤。抗菌効果もある。

ペンチレングリコール

代表的な保湿剤。抗菌効果もある。

PEG/PPG/ポリブチレングリコール―8/5/3グリセリン

本来水性成分と相性の悪い保湿効果のある油性ベース剤に水溶性の機能を付け足した成分。

水に溶ける保湿油性成分。

ヒトオリゴペプチド―1

EGFのこと。お肌の表面を活性化してくれるハリに良い成分。

ヒトオリゴペプチド―5

KGFのこと。角質を活性化してくれるハリに良い成分。

ヒト脂肪細胞順化培養液エキス

ヒト幹細胞エキスのこと。お肌に潤いを与えてくれてハリや弾力に良い成分。

カルボキシメチルフェニルアミノカルボキシプロピルホスホン酸メチル

ナールスゲンのこと。大学で長年研究されてきた成分。お肌にハリをもたらす成分。原価が高いレア成分。

プラセンタエキス

年齢に合わせたお肌のケアであるエイジングケアの代表的な成分。

トコフェリルリン酸Na

ビタミンE誘導体の1つ。お肌を整えてくれる。

グリチルリチン酸2K

抗炎症成分。お肌を整えてくれる。

アラントイン

抗炎症成分。お肌を整えてくれる。

オタネニンジン根エキス

保湿効果やお肌を整えてくれる成分。

ソメイヨシノ葉エキス

お肌を整えてくれる成分。

ヘキシル3―グリセリルアスコルビン酸

ビタミンC誘導体の1つ。お肌を整えてくれたり、抗酸化作用がある。

アルブチン

美白の有効成分として配合されることもある成分。

クチナシ果実エキス

保湿効果や炎症を抑えてお肌を健やかにしてくれる成分。

ローマカミツレ花エキス

お肌を健やかにしてくれる効果に優れる成分。

チョウマメ花エキス

お肌を整えてくれる成分。

ヤグルマギク花エキス

お肌を引き締めたり、健やかにしてくれる成分。

セラミドEOP

セラミド1のこと。セラミド原料の中でも高価。水分を抱え込む力が強く保湿成分の最高峰。

セラミドNP

セラミド3のこと。

セラミドAP

セラミド6Ⅱのこと。

フィトスフィンゴシン

お肌のバリア機能を司る脂質成分の1つ。保湿やお肌を整える作用がある。

ヒアルロン酸Na

代表的な保湿成分。

PCA

角層の水分保持を支えるNMF(天然保湿因子)に含まれる成分。

PCA―Na

角層の水分保持を支えるNMF(天然保湿因子)に含まれる成分。

アラニン

アミノ酸の1つ。NMFに含まれ保湿効果、お肌を整える効果がある。pHの調整にも使われる。

アルギニン

アミノ酸の1つ。NMFに含まれ保湿効果がある。pHの調整にも使われる。

アスパラギン酸

アミノ酸の1つ。NMFに含まれるので保湿効果がある。

イソロイシン

アミノ酸の1つ。NMFに含まれ保湿効果がある。また、お肌を整える作用もある。

グリシン

アミノ酸の1つ。NMFに含まれ保湿効果やお肌を整える作用がある。

セリン

アミノ酸の1つ。NMFに含まれていて保湿効果がある。

トレオニン

アミノ酸の1つ。NMFに含まれるので保湿効果があり、お肌を整えてくれる。

バリン

アミノ酸の1つ。NMFに含まれるので保湿効果がある。

ヒスチジン

アミノ酸の1つ。NMFに含まれるので保湿効果がある。

フェニルアラニン

アミノ酸の1つ。NMFに含まれるので保湿効果がある。

プロリン

アミノ酸の1つ。NMFに含まれるので保湿効果がある。

乳酸

お肌の引き締め、ピーリング効果のある成分。

乳酸Na

NMFの構成成分の1つ。保湿効果がある。

リンゴ酸

ピーリング効果のある成分。

グリセリン

代表的な保湿成分の1つ。

(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル―10

油性成分の一種エステルであるものの、水に溶けるように作られている。

お肌を保護して水分蒸発を防ぐエモリエント効果がある。

オリーブ果実油

お肌を柔らげ水分蒸発を防ぐエモリエント効果がある。

コレステロール

お肌の水分保持を支える細胞間脂質を構成する成分の1つ。水分蒸発を防いでくれる。

(クエン酸/乳酸/リノール酸/オレイン酸)グリセリル

ヒト幹細胞エキスの原料。SCリポソームソリューション10%に含まれる成分。

エモリエント効果がある。

1,2-ヘキサンジオール

代表的な保湿剤。植物エキスを溶かす溶剤としても使われる。

カプリリルグリコール

保湿作用や抗菌作用で化粧品を安定させる役割。

ポリソルベート60

非イオン界面活性剤。化粧品の水性成分と油性成分を混ぜ込む役割。

ヒト幹細胞エキスの原料にも使われていて、非イオン系なので安全面で問題はないと考えられる。

PPG-13デシルテトラデセス―24

非イオン界面活性剤。溶かし込む力が高く、保湿力もあるハイブリッド成分。

ラウロイルラクチレートNa

陰イオン界面活性剤。肌が弱いと刺激に感じるケースもある成分。

セラミドの原料に一緒に配合されている。

キサンタンガム

代表的な増粘剤。

カルボマー

代表的な増粘剤。

トロポロン

抗菌、防腐成分。ヒト幹細胞エキスの原料に含まれている。

フェノキシエタノール

防腐剤。空気の中にも存在する成分。肌のバリア機能が弱いと刺激に感じるケースもある。

まとめ

エゴイプセビライズには大きな副作用が心配になるような成分はありません。

ただ、肌のバリア機能が壊れて敏感になっている方にはフェノキシエタノールやラウロイルラクチレートNaが刺激に感じるケースもゼロではありませんのでご注意ください。

エゴイプセビライズの口コミはこちらでお伝えしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました